2020年 地域の方が藁で作成した巨大案山子 アマビエ「あまちゃん」

「疫病退散」「無病息災」の願いが込められている。

高さ6mの迫力をぜひ現地で。

場所:三重県松阪市飯南町下仁柿 樋山口バス停付近(国道368号沿い)

 

 (松阪市 Hさん写真提供)

2017年 地元の方が藁で作成した巨大案山子「福老」

 (松阪市 Hさん写真提供)

平成11年度、日本棚田百選に認定された「深野だんだん田」

 

深野地区特有の幾重にもつながる石段の織り成す風景。

 

 (松阪市 Bさん 写真提供)

毎年、深野和紙の紙漉き体験が行われています。

期間:11月から翌年2月末まで

体験人数:5名以上20名まで

費用:1,000円/一人

問い合わせ:飯南産業文化センター(0598‐32‐2004)

      松阪市飯南町横野848番地

 

 (松阪市 Bさん 写真提供)

毎年、深野和紙の紙漉き体験が行われています。

期間:11月から翌年2月末まで

体験人数:5名以上20名まで

費用:1,000円/一人

問い合わせ:飯南産業文化センター(0598‐32‐2004)

      松阪市飯南町横野848番地

 

 (松阪市 深野和紙保存会 動画提供) 

毎年、棚田を会場に約4,000本の行燈に一斉に火が灯される「棚田まつり」

とても幻想的な世界が広がる。

今年は新型コロナウイルス感染予防のため中止。

 

来年は燈が灯されることを祈って。

 

 (松阪市 Bさん 写真提供)

飯南町深野・横野・仁柿で行われるどんど焼き

毎年1月6日午前6時から各地区で開催

 

 (松阪市 Bさん 写真提供)